どちらの膝が痛い?②セラピストの息抜き
HOME > セラピストの息抜き一覧 > 治療内容 > どちらの膝が痛い?②

どちらの膝が痛い?②

こんにちは!

とよあけ接骨院ケアの服部です。

今日は昨日の続きですね。

オスグッドの場合この写真のどちらの膝が痛みが出やすいかという事でしたが、分かりましたか?

この患者さんの場合は

右膝になります。

よーく見てもらうと膝のお皿(膝蓋骨)が右膝の方が高くなっています。

このお皿の位置が高いという情報は非常に重要で、大腿四頭筋(太ももの筋肉)がよく使われてあるという事と骨盤の後傾側を表しています。

以前書いたように骨盤後傾側は大腿四頭筋が使われやすくなるので、オスグッドなどの痛みは、痛みをなくすだけでなく骨盤を前傾させていき、膝のお皿が健側(痛みのない側)と同じ高さにする事でで再発を防ぐことになります。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

当院は足・膝・股関節の痛みやオスグッドなどのスポーツ障害を得意とした接骨院です。
姿勢、歩き方、体の使い方を細かくチェックさせて頂き、痛みの根本的な原因を解決して、豊かな生活のお手伝いをさせて頂きます。
豊明市、刈谷市、大府市、緑区にお住いの痛みでお困りの方、諦める前に一度ご相談ください。