診療日記診療日記
HOME > 診療日記一覧 > 新患 > 今日の新患さん【立ち上がりの腰部痛】

今日の新患さん【立ち上がりの腰部痛】

今日新患さんは椅子から立ち上がった際に腰に痛みが出て来院されました。

それ以来、起床時や少し座った後の立ち上がりの動作や腰を反らすと腰の中央に痛みが出るとのことでした。

 

今日の方も骨盤が後傾している影響なのですが、この骨盤が後傾している方は股関節の伸展という脚を後ろに伸ばすような動きが正しく出来ません。

 

後ろに伸ばせないどころか綺麗にまっすぐ伸ばすことも出来ない方が意外と多いです。

 

そのような方は普通に立っているつもりでも可動域が足りないため、腰に負担をかけながら立つか、まっすぐ伸ばせないため膝を少し曲げて立つことになります。

 

今日の方は頑張ってまっすぐになって腰に負担をかけていましたので、この股関節の伸展可動域を改善することで無理なく立てるようになります。

 

今日の方は身体がとても硬く前屈も手が膝ぐらいまでしか倒せない状態でした。(写真を取れば良かった。。)

 

股関節の柔軟性を改善させてどこまで前屈が改善するかわかりませんが、前屈も腰痛には関係してくるので国庫も気にしながら治療を進めていきたいと思います。

 

 

柔道整復師  服部 耕平