診療日記診療日記
HOME > 診療日記一覧 > 新患 > 今日の新患さん【腰部の痛みと太もも外側の痺れ】

今日の新患さん【腰部の痛みと太もも外側の痺れ】

今日の新患さんは腰の痛みと太ももの外側の痺れでお困りの方でした。

腰は年一回ほど痛めてしまうようで、立っているだけでも痛いとのことでした。

痺れは腰を痛めてから、寝ている時に太ももの外側に痺れが出るようになったようです。

 

 

腰痛に関しては何度も出てくる骨盤が後傾(後ろに傾いている状態)のせいで腰の筋肉が引っ張られている状態でした。

  

太ももの外側に痺れに関しては腰からきていることも否定できませんが、内ももの硬さが強く、太ももが内に引っ張られてしまう事で太ももの外側にある筋膜(腸脛靭帯)が突っ張ることで筋膜の中を走る神経が引っ張られてしまい出ていることも考えられました。

 

どちらにしても治していかないと他の症状にもつながってしまうため。骨盤の傾きと股関節がしっかりと開くようにリリースをしていきました。

 

施術後は立位の腰の痛みはだいぶ無くなったようなので、次回の時に痺れの方も確認したいと思います。

 

柔道整復師  服部 耕平