膝の水は抜くと癖になる?セラピストの息抜き
HOME > セラピストの息抜き一覧 > 質問 > 膝の水は抜くと癖になる?

膝の水は抜くと癖になる?

こんにちは!

とよあけ接骨院ケアの服部です。

膝を痛めた事がある方ならタイトルの言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

「膝が腫れて水を抜いてもらったけど、抜いてもらってもまた腫れてきました。」
「膝の水は抜くと癖になるってよく聞きますが本当ですか?」

患者さんから本当によくある質問です。

水が溜まるというのは関節の中で炎症が起きてしまっているという事です。

腫れていると膝が曲げにくかったり、痛みが出やすくなるので水を抜いてもらう事は大切ですが、水を抜くことは対症療法です。

 そもそもなぜ水が溜まってしまったのでしょう?

水が溜まってしまう方に共通しているのは膝関節が正常に動かなくなっているという事です。

水を抜いても正常に動かなくなっている事は変わりないので、いつも通り動かしてしまうと、また関節には無理がかかり炎症が起きて腫れてしまいます。

 水を抜いて痛みが無くなっても治療は終わりではありません。

膝の動きを正常に戻して、炎症が起きないような状態にして治療は終わりになります。

けれども、実際には膝の動きが悪くなっている事はほとんど見逃されています。その為、ほとんどの方が何度も水が溜まるので「癖になる」と思い込んでしまうわけです。

 「癖になる」のではなくて「完治していない」のです。

ちなみに膝と並んでよく「癖になる」と言われるギックリ腰も同じですね。

湿布や痛み止めで痛みは楽になりますが、なぜギックリ腰になったのかが見逃されたまま治療を終了してしまっているので、また何度も繰り返すという事なんです。

長年、膝の痛みやギックリ腰でお悩みの方はしっかりと原因を見つけますので、一度ご相談ください。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

当院は足・膝・股関節の痛みやオスグッドなどのスポーツ障害を得意とした接骨院です。
姿勢、歩き方、体の使い方を細かくチェックさせて頂き、痛みの根本的な原因を解決して、豊かな生活のお手伝いをさせて頂きます。
むち打ちなどの交通事故の治療も当院にお任せください!痛みがなくなるまでしっかりサポートさせて頂きます!
豊明市、刈谷市、大府市、緑区にお住いの痛みでお困りの方、諦める前に一度ご相談ください。