診療日記診療日記
HOME > 診療日記一覧 > 再診 > 今日の卒業患者さんお2人【左腰部の痛み】の方、【左臀部の痛み】の方、と再診患者さん【左肩甲骨の痛み】

今日の卒業患者さんお2人【左腰部の痛み】の方、【左臀部の痛み】の方、と再診患者さん【左肩甲骨の痛み】

今日は2人の患者さんが痛みがなくなり卒業となりました。

 

お一人はカメラマンをされている女性の方でした。

 

12月半ばに左の腰の痛みで来院されて、今日で4回目のリハビリでした。

 

左の骨盤の前方移動と後傾が問題で左腰部の筋肉に伸張時痛が出ていたので、その辺りをリリースで修正して順調に痛みがなくなりました。

柔軟性が無くなってきていると心配されていたので、内もも(写真左)とお尻(写真右)のストレッチをお伝えしていったん終了となりました。

 

 

 

 

 

もう一人の方は右の仙腸関節という部位の痛みでした。

この方も右の骨盤が開くように前にずれてしまいこの部分に摩擦力が加わり痛みを出していました。

 

痛みが出てからは座っているだけでも痛いとのことでしたが、初回の治療でかなり痛みが引いたようで、今日で2回目の治療でしたがこの方も内もものマッサージだけ継続してもらうように説明して終了となりました。

 

 

今日は再診患者さんもみえました。

エステを経営されている方で今までに2回ほど腰痛で来院されいている方ですが、今朝から左肩(肩甲骨)に強い痛みが出たようで来院されました。

 

左手の痺れの訴えもあったため、首の問題かなとも思いましたが、肩と手首の問題が別々で起きているような状態でした。

肩は体の横から腕を上げた時の肩甲骨に強い痛みが出るようでした。

 

少し複雑ではありましたが、大胸筋という筋肉が固まってしまっていて、左の肩甲骨の外への開きと、上腕(腕の部分)の内向きの捻じれが痛みの原因と考えられるため、この大胸筋の部分をリリースを行いました。

同時に肩甲骨の部分の筋肉(棘下筋・三角筋)も固まってしまっていたため、この部分もリリースをしていきました。

 

硬さも強く、複雑な為、正直1回の治療では大きな変化は出せませんでしたが、痛みが強いうちはエステも休むとのことなので、1日でも早く仕事に復帰してもらえるように治療をしていきたいと思います。

 

 

柔道整復師  服部 耕平