診療日記診療日記
HOME > 診療日記一覧 > 新患 > 今日の新患さん【右足首と右肩の痛み】

今日の新患さん【右足首と右肩の痛み】

今日の新患さんは剪定作業中に足首や右肩に痛みが出たという男性の方でした。

 

右足の痛みがかなり強く、歩くのもままならないほどでした。

 

靭帯や骨の問題も疑いましたが、腫れや熱感もなかったので、骨や靭帯には問題がないとしてアライメント(骨の位置)や歩き方をチェックさせてもらうと、右足の偏平足がかなり強く踵の内側の筋肉や靭帯に負担がかかっていました。

偏平足というのは基本的には踵の外側の筋肉が短縮して、内側の筋肉が伸びてしまいます。

 

外側に痛みが出ることもありますが、今回の方の場合は荷重がかかることでその引っ張られた内側の筋肉や靭帯にストレスがかかり痛みが出ていたという状態でした。

 

外側の筋肉をリリースして偏平足を少し戻していきました。

しかし、後方重心で踵に体重がかかっているとまた足のアーチは潰れてしまい偏平足になってしまうので、体重がしっかりと前にかかるように骨盤の傾きも少し変えていきました。

治療後は治療前よりは痛みが軽減して喜んで頂けましたが、最初の痛みや硬さが強くまだまだ痛みは残っているような状態でした。

 

今週の日曜日に何とかゴルフをしたい、という希望がある方でしたがさすがに2日で治すのは難しいですとお伝えしましたが、ゴルフはやる気満々でしたので、少しでも痛みが少ない状態で出来るように明日も全力で治療をしたいと思います。

 

 

柔道整復師  服部 耕平