研究所研究所
HOME > 研究所一覧 > その他治療 > 腰椎椎間板ヘルニア > 腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

 

ここでは腰椎椎間板ヘルニアの簡易的な概要のみの内容になっていますので、詳細や具体的な治療法を知りたい方はこちらをご覧ください。⇒ ヘルニアの痛みをどうにかしたい方へ。

 

症状

腰や臀部が痛み、下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなります。
背骨が横に曲がり(疼痛性側弯)、動きにくくなり、重いものをもったりすると痛みがつよくなることがあります。

原因

椎間板ヘルニアの主な原因は椎間板への強い圧力です。椎間板は、髄核と呼ばれる軟らかい組織と、それを覆う線維輪と呼ばれる硬い組織でできています。

姿勢が悪くなり腰が丸くなってくると、椎間板に大きな負担がかかり線維輪が破綻します。
さらに、髄核や椎間板が後方にある神経を圧迫することで痺れや痛みが生じることがあります。

治療法

姿勢との影響も強いと考えられるため、筋肉や関節の動きの評価を行い、筋肉、筋膜、関節の動きを整えてから、姿勢や間違った体の使い方を変えていき、患部にストレスのかからない体づくりをしていきます。