痛いときは冷やす?温める?セラピストの息抜き
HOME > セラピストの息抜き一覧 > 質問 > 痛いときは冷やす?温める?

痛いときは冷やす?温める?

こんにちは!

とよあけ接骨院ケアの服部です。

患者さんから「痛いときは冷やしたほうがいいの?温めたほうがいいの?」という事をよく聞かれますので、今日はその質問にお答えしようと思います。

捻挫や打撲などの怪我の時は冷やしてください。これは血管などが中で傷ついているとそこから腫れてきてしまうので、それを最小限に抑えるために冷やして血流量を抑えてあげるためです。こういった痛みはズキズキと脈打つような痛みがあることが多いです。

逆に腰痛や膝痛などの慢性的な痛みは温めてあげてください。温めて血行を良くすることで筋肉・筋膜が柔らかくなったり、痛みを感じにくくなります。

特にこれからの時期は寒くなって腰痛や膝痛が出やすくなりますので、予防も含めて体を温めたり、外出の前などは少し体を動かしてみてください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

当院は足・膝・股関節の痛みやオスグッドなどのスポーツ障害を得意とした接骨院です。
姿勢、歩き方、体の使い方を細かくチェックさせて頂き、痛みの根本的な原因を解決して、豊かな生活のお手伝いをさせて頂きます。
豊明市、刈谷市、大府市、緑区にお住いの痛みでお困りの方、諦める前に一度ご相談ください。