研究所

HOME > 研究所 > 下肢の治療 > 半月板損傷 > 半月板損傷

半月板損傷

症状

半月板は膝関節の大腿骨と脛骨の間にあるC型をした軟骨様の板で内側・外側にそれぞれがあり、クッションとスタビライザーの役割をはたしています。半月板が損傷すると、階段昇降やしゃがみ込み動作などの運動時に生じる痛みや、膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたりします。

ひどい場合には、膝に水(関節液)がたまったり、急に膝が動かなくなるロッキングという状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。

原因

スポーツなどの怪我から生じる場合と、加齢により傷つきやすくなっている半月に繰り返し外力が加わって損傷する場合とがあります。前者では、体重が加わった状態でのひねりや衝撃によって半月だけが損傷するものと、前十字靱帯損傷などに合併して起こるものとがあります。

半月は加齢に伴い変性するので、40歳以上ではちょっとした外傷でも半月損傷が起こりやすくなります。

治療法

スポーツなどの外傷によるものでは安静や固定、アイシングをして腫脹や痛みの軽減を目指していきます。

繰り返しの外力により痛みが出ている場合は、筋肉や関節の動きの評価を行い、筋肉、筋膜、関節の動きを整えてから、悪い体の使い方を変えていくエクササイズを行い、半月板にストレスのかからない体づくりをしていきます。

一覧へ戻る

TOPへ