研究所研究所
HOME > 研究所一覧 > 下肢の治療 > 鵞足炎 > 鵞足炎(がそくえん)

鵞足炎(がそくえん)

症状

鵞足炎はスポーツ障害の一つで、ランニングに膝の内側に痛みが生じます。
炎症が進行していきますと、走っている時だけでなく、立っている時や座っている時にも膝の内側に痛みを感じるようになります。

原因

鵞足炎は、オーバーユースシンドローム(使いすぎ)と言われ、ランナーやスポーツをされている方に多く発症します。
悪いフォームのランニングや歩行により、鵞足という縫工筋、薄筋、半腱様筋という3つの筋肉が付着する膝の内側の部分に牽引ストレスが反復してかかることで痛みが生じます。

治療法

安静にしていると、痛みは軽減することが多いですが、根本的な治療にはならないため、再発してしまうことがあります。

当院では、筋肉や関節の動きの評価を行い、筋肉、筋膜、関節の動きを整えてから、悪い体の使い方を変えていくエクササイズを行い、鵞足にストレスのかからない体づくりをしていきます。