痛みなくスポーツが
できるようになる

痛みのせいでスポーツを全力で楽しめない。
スポーツを全力で楽しみたいけど体が痛む。
そんな方のための接骨院が愛知県豊明市にあります。

LINEで相談する

あなただけの治療で
根本改善します

とよあけ接骨院ケアでは、
学生・社会人アスリート、スポーツ愛好家、
スポーツを楽しむ全ての方に向けて、
歩行・動作分析によってクセを見つけて、
成長痛やスポーツ障害の痛みを
オーダーメイドの治療で改善します。
全力でスポーツができる身体づくりや
パフォーマンスアップのサポートをします。

point

痛みなくスポーツが
できるようになるまでの
3つのポイント

point1

動作のクセを調べ痛みの原因を特定

整形や接骨院、どこへ行っても治らなかった痛みでも当院の細かな姿勢、歩行・動作分析であなたの痛みの原因を見つけます。

point2

一人ひとりに合わせた個別治療

痛みの原因は人それぞれ違うため、すべての人に同じような治療を行っても痛みは改善されません。当院では姿勢、身体の使い方から、あなただけの個別治療で痛みからの卒業を目指します。

point3

自宅でもできるセルフケアのサポート

少しでも早く痛みを改善させるために、セルフケアが重要になります。当院では筋膜リリース、ストレッチ、エクササイズなどあなたに合わせたセルフケアの方法をご提案します。

trouble

こんな悩みを解決できます

当院ではスポーツ障害の中でも
膝や足など下肢の治療を得意としております。
下記のような症状や疾患でお悩みの方はご相談下さい。

trouble

こんな症状でお困りの方

成長痛・骨端症と診断されてスポーツが全力で出来ない

ジャンプをするときに膝のお皿周辺に痛みが出る

走ると膝の外側が痛くなる

分裂膝蓋骨と言われて手術以外の治療法を探している

走るとスネが痛くなる

アキレス腱が痛くて全力で走れない

走ると足の裏に痛みが出る

外脛骨障害の治療が出来るところを探している

trouble

こんな疾患でお困りの方

ひざ

オスグッド / ジャンパー膝 / 腸脛靭帯炎 / ランナー膝 / 鵞足炎 半月板損傷 / 分裂膝蓋骨 /反復性膝蓋骨脱臼 /タナ障害

すね(ふくらはぎ)

シンスプリント / アキレス腱炎

あし

足底腱膜炎 / 外脛骨障害 / セーバー病
LINEで相談する

ところで誰が
診てくれるの?

院長 服部耕平

とよあけ接骨院ケア 院長 服部 耕平(はっとり こうへい) が
みなさんと一緒に痛みと向き合います。
院長 服部 耕平のプロフィールはこちらをご覧ください。

→ 院長プロフィール

院長からのメッセージ

message

安静にして痛みが引くのを待つのではなく、原因を見つけて治療を行います。

私自身膝の痛みで満足に水泳が思うように出来ない時期がありました。そのため痛みでスポーツが出来ないことにより、人間関係への影響や、学生であれば進路などにも影響を及ぼす可能性を理解しているつもりです。柔道整復師の資格を取ってからも痛みで困っているスポーツ選手の力になりたいと日々励んできました。

スポーツ障害はよく「成長痛」や「使い過ぎ」と言われて安静の指示を受けることが多いと思います。確かに安静にして痛みが引く方もみえますが、それだけでは治ったとは言いきれないと個人的には考えています。痛みが引くかどうかわからない状態で安静にするよりも、しっかりと原因を見つけて治療をしてく必要があると思っています。

根本的な原因は姿勢や体の使い方、クセに隠れています。それを見逃すと本当の痛みの原因が改善しないため、何度も再発して練習に出られず試合にも出られないという期間が長くなってしまいます。
成長痛や使い過ぎと言われて、治療法に悩んでいる方の痛みを取り除けるように、ひとりひとりと向き合っていきたいと思います。

実は治せる成長痛

成長期の学生さんが抱えるお悩みとして「成長痛」というものがありますが、私は成長痛について次のように考えています。 スポーツ障害は「成長痛」としてよく片付けられることがあります。実のところ、成長痛は成長期に多い障害の総称であり、一つひとつの疾患を指すものではありません。成長痛と呼ばれる疾患の中にはオスグッド、シンスプリント、外脛骨障害、セーバー病などが挙げられ、膝、足、股関節、腰などが主な痛みの部位です。これらの痛みの根本的な治療法は、安静にして痛みが引くのを待つことではありません。
成長痛と呼ばれる疾患にもそれぞれに原因があります。その原因の多くは悪い体の使い方により同じ部位に力学的なストレス(過剰な負担)が繰り返し加わる事にある場合がほとんどです。これにより痛みや骨の変形が起こります。 当院の治療では動きのクセを見つけ出して修正することで、 根本治療や再発予防を目指しています。

LINEで相談する

当院の得意分野

当院の得意分野は、姿勢や動作・歩行分析により原因を見つけ、
筋膜リリースを行うことによって、
下肢の痛みを取ることにこだわりを持っています。

細かな動作の分析(歩行分析)

歩行分析から、体の傾き、骨盤の揺れ、股関節の使い方など、あなたのクセから問題点を見つけていきます。

アライメント評価(姿勢分析)

歩行分析で見つけた問題点をさらに確認するために、症状に合わせてテストを行います。
例)座位・立位体幹回旋運動(体を左右に回します)など。

筋膜リリース

筋膜というのは筋肉を覆う薄い膜上の組織です。その筋膜が硬くなることで動きが悪くなったり、柔軟性が低下して痛みを引き起こす原因になります。当院では筋膜の状態も確認し、筋膜リリースで正常の状態に戻していきます。

Q&A

よくあるご質問

次のようなご質問をよくいただいています。

Q1整形外科で安静と言われていますが、改善しますか?
スポーツ障害の根本原因は動きの中にあります。その人に合った正しい動きに変えることで症状の改善と再発予防が可能です。
Q2骨が変形していて(外脛骨障害や分裂膝蓋骨など)
手術を勧められましたが、改善しますか?
骨の変形そのものを治すことは難しいですが、痛みの改善は可能なことが多いです。
Q31か月後の大会に間に合わせることはできますか?
治癒のタイミングは、痛みの程度や通院頻度によって異なるため、間に合うと断言することはできません。ただ、今よりも良い状態で大会を迎えることは可能です。