「もう一度、痛みなく
  歩けるようになりたい。」
その想いにお応えします。

あなたの目標を達成して、
治療通いからの卒業を目指します。

「どこに行っても治らない。」
そんなあなたの痛みの原因を
姿勢・歩行分析から見つけ出します。

point1 年齢のせいにはしません。
薬や注射の対処療法ではなくあなたの「痛み」と向き合います。

point1-content

日常生活には欠かせない「歩行」。
しかし、歩いた時に下肢【股関節、膝、足】が痛んでつらい…
そんなお悩みをお持ちの方も多いと思います。

このような痛みは、特定部位に過剰なストレスが加わり続けることで生じます。
それが長期にわたることで、骨・軟骨の変形が起こる事もあります。

当院は姿勢・歩行分析から「どこに」「どのような」ストレスが加わっているか見つけ出して、歩行時の痛みを取り除くことに力を入れています。

「年齢のせい」と言われたり、薬や注射の対処療法で先が不安な方でも、1つ1つ原因を取り除くことで、傷みなく歩けるようになるという事を知って頂きたいと思っています。

point2 次のような股関節、膝、足の症状の治療が得意分野です。

間違った歩き方から正しい歩き方へ 膝の痛み、腰の痛み、足の痛み、股関節の痛み

股関節の痛み

pain1

・太ももの外側が痛くなる
・お尻が痛い
・変形性股関節症の手術をしたけど痛みが残っている
・手術をしたくない

股関節痛:変形性股関節症/
坐骨神経痛/
鼠径部痛症候群
(グロインペイン症候群)

膝の痛み

pain2

・歩くと膝の内側が痛い
・お皿が痛い
・階段で痛みが出る
・変形性膝関節症と言われたが手術はしたくない

膝痛:変形性膝関節症/
鵞足炎/
腸脛靭帯炎/
半月板損傷

⾜の痛み

pain3

・親指の付け根が痛い
・歩くと足の裏が痛い
・捻挫後の痛みが続いている
・足の内側の骨が出っ張って痛い

足の痛み:外反母趾/
足底腱膜炎/
モートン病

腰の痛み

pain4

・歩くといつも同じ側の腰が痛くなる
・スネや足の痺れに悩まされている

腰の痛み:脊柱管狭窄症/
腰椎すべり症/
筋・筋膜性腰痛症

まずはお気軽に友達登録!

point3 他にはないとよあけ接⾻院ケアの特徴

評価の3つのポイント

three-point1

1細かな姿勢分析

⾻盤のゆがみ 肋⾻のゆがみ 背⾻のゆがみ筋⾁の張りからどこに負担がかかっているかを正確に確認します。

three-point2

2細かな歩⾏分析

⾻盤の揺れ 体の傾き ⾜の出し⽅体重のかけ⽅からあなたの細かなクセを⾒つけます。

three-point3

3細かな可動域・
柔軟性チェック

股関節の硬さ 膝の捻じれ ⾜⾸の硬さ体幹の柔軟性を確認し必要な可動域を正確に把握します。

筋膜リリース

3つから導き出された痛みの原因となっている部分を筋膜リリースで取り除きます。

point4 変形性関節症に⼿術以外の選択肢を

point4-content

私は資格を取得後名古屋の整形外科病院・クリニックでリハビリをさせて頂きました。
そこでは病態と症状が必ずしも⼀致しない、むしろ⼀致することの⽅が少ないという事を知りました。つまり軟⾻や⾻が擦り減っていても(病態)、痛み(症状)の原因は別の組織(筋⾁、筋膜など)にあることがあるという事です。

この場合に⼈⼯関節などの⼿術を⾏っても痛みが改善されないことがあります。
私はこのような必要のない⼿術を減らしたいと思っています。
何が痛みの原因なのか、なぜそのような状態になっているのか、を把握して原因を取り除くことが本当の根本的な治療だと考えています。

それを正確に把握して治療をすることで、⼿術をしなくても痛みが改善する⽅が実はたくさんいらっしゃいます。
そういった⼿術を希望しない⽅や本当に⼿術しかないのかといった疑問を持たれている⽅の⼒になれるように、とよあけ接⾻院ケアはあなたの希望に添えるように精⼀杯痛みと向き合っていきます。

まずはお気軽に友達登録!

ところで誰が診てくれるの?

院長

とよあけ接骨院ケア
院長 服部耕平

みなさんと一緒に痛みに向き合います。

院⻑服部浩平のプロフィールはこちらをご覧ください。

院⻑プロフィール

当院の得意分野

当院の得意分野は、姿勢や動作・歩⾏分析によって柔軟性・可動域を確認し、
適切な処置を⾏うことによって、下肢の痛みを取ることにこだわりを持っています。

specialty1

アライメント評価(姿勢分析)

歩⾏分析から、体の傾き、⾻盤の揺れ、股関節の使い⽅など、あなたのクセから問題点を⾒つけていきます。

specialty2

細かな動作の分析、歩⾏分析

歩⾏分析で⾒つけた問題点をさらに確認するために、症状に合わせてテストを⾏います。
例:座位・⽴位体幹回旋運動(体を左右に回します)など

specialty3

柔軟性、可動域の確認

歩⾏分析、動作分析で⾒つけた問題を最終確認のために、問題のある関節の柔軟性を確認します。
例:股関節の柔軟性の確認など

まずはお気軽に友達登録!

Q
どのような治療を⾏いますか?
A
筋⾁をほぐすような⼿技、筋膜リリースを⾏います。
必要な⽅にはストレッチやエクササイズも⾏います。
Q
変形性関節症以外の痛みでも診てもらう事は可能ですか?
A
可能です。
基本的には全⾝の各疾患の痛みに対応しています。
Q
⼿術後に痛みが残っていますが、診てもらえますか?
A
⼿術後の痛みにも対応しています。