研究所

HOME > 研究所 > 下肢の治療 > 変形性膝関節症・膝痛 > 変形性膝関節症・膝痛

変形性膝関節症・膝痛

症状

変形性膝関節症は、全国で800万人を超えるとされている関節軟骨の変性を基盤とした膝の代表的疾患です。初期には膝関節のこわばる感じや座位を続けた後の立ち上がりの時や歩き初めの痛みを訴えることが多いです。いったん歩き始めると痛みが軽快する場合もありますが、長時間歩いていると再び痛みが増強する場合もあります。大部分の症状は膝関節の内側に痛みを感じますが、膝蓋骨(膝のお皿)周囲や、膝裏に痛みを感じる場合もあります。

進行すると、膝が完全に伸ばせなくなったり、O脚変形が生じ、歩行時や階段昇降などにも、持続的な痛みが出たり、正座が出来なくなる場合もあります。

原因

変形性膝関節症の原因には、肥満、姿勢、筋力低下など様々な原因があります。その中でも当院では、歩き方や姿勢に着目しています。猫背など、姿勢が悪くなることでh座への負担は増えてしまいます。
また、日本人に多いO脚は膝の内側に体重がかかることが増えるため、膝の内側の軟骨や半月板の変形の原因になります。

治療法

筋肉や関節の動きの評価を行い、筋肉、筋膜、関節の動きを整えてから、悪い体の使い方を変えていくエクササイズを行い、患部にストレスのかからない体づくりをしていきます。

一覧へ戻る

TOPへ