研究所

HOME > 研究所 > 下肢の治療 > オスグッド(成長痛)・ジャンパー膝 > オスグッド(成長痛)・ジャンパー膝

オスグッド(成長痛)・ジャンパー膝

オスグッド、ジャンパー膝は当院の得意とする治療の一つです。

 

ここではオスグッド、ジャンパー膝の簡易的な概要のみの内容になっていますので、詳細や具体的な治療法を知りたい方はこちらをご覧ください。⇒ オスグッドでお困りの方へ。

 

オスグッド、ジャンパー膝と言われて治療を続けている方で改善されない方はもしかしたらオスグッドに似た違う疾患かもしれません。

そのような方はこちらをご覧ください。 ⇒ 本当にオスグッド? オスグッドと偽オスグッドの見分け方

 

オスグッド、ジャンパー膝

症状

小学生~中学生に発生しやすい代表的なスポーツ障害の一つです。
様々なスポーツで走る、蹴る、ジャンプ、しゃがむなどを行うことにより、大きな衝撃が膝に生じ、脛骨粗面(お皿の下の骨)に痛みが生じます。

原因

成長期の小学生や中学生はスポーツや激しい運動などによりももの前の大腿四頭筋に負荷がかかり、筋肉が付着している膝蓋骨(膝のお皿)やその下の脛骨粗面に牽引力がかかることで痛みが生じます。過度な運動などが原因になることもありますが、大きな原因は姿勢や間違った体の使い方により、大腿四頭筋に過度な負荷がかかり続けることにあります。

オスグッド・シュラッター病、ジャンパー膝以外にも、膝蓋靭帯炎、膝蓋大腿関節症、シンディングラーセン・ヨハンセン病など膝の前方に生じる痛みの多くはこのような原因で起きることが多くあります。

治療法

安静にしていると、痛みは軽減することが多いですが、根本的な治療にはならないため、再発してしまうことがあります。
当院では、筋肉や関節の動きの評価を行い、大腿四頭筋に負担のかからないように、筋肉、筋膜、関節の動きを整えてから、悪い体の使い方を変えていくエクササイズを行い、患部にストレスのかからない体づくりをしていきます。

一覧へ戻る

TOPへ